いくつになっても自分の翼でのびやかに飛ぼう

人生の成熟期だからこそ、自分に正直に、自然なままで。第二の人生を生活実験する記録。

声|ことば|話し方

 いつの頃からか、移動中や出先での空いた時間にインターネットラジオを聴いているようになった。

 

 わたしが興味のある分野に、楽しく、熱く、取り組んで実験している、一般の人が配信しているラジオ。

目からウロコの気づきや共感があって、やみつきになるおもしろさ。

そこで出会った素敵な人が、さらに魅力ある素敵な人とつながっていて、どんどんもっと話を聴いてみたいと思う人のリストが増えていく、とても素敵な循環システム。

 

ラジオを聴いていて1つ気づいたこと。

人の声、使うことば、話し方って、本当に本当に大切なんだなあ、ということ。

たくさんたくさんの時間、たくさんたくさんの声や話し方で、たくさんたくさんの大事な話やことばを聴いてきたけれど、最終的に、本当にいいなと思う魅力的な人はみんな、聴いているだけで心地よくなるような、癒されるような音のような声で、思わず手を止めて一言一句に聴き入ってしまうような、魅力的なことば使いと話し方をする人ばかり。

 

声、ことば、話し方からあふれて伝わってくる「その人の佇まいや雰囲気」は、思っている以上にとても大切なもの。

そこに安心感や気持ちよさを感じる人のことばは、心にすっと入ってきて、すぐにわたしを動かすエネルギーなる。(すごい!)

 

わたしの声、ことば、話し方はどうだろう。

わたしらしくわたしのまま、人にとっても、わたしにとっても、心地よく響くものになるように、

わたし自身がまず自分に癒されて、どっしりとおだやかに、ふわふわと自由に、やわらかくいることを、大切にしよう。

 

「わたしを大切にすること」が、きっとそこにもつながっている。

 

2017年の冒険

2017年の冒険がはじまっている。

 

  何かをあたためているような今年のはじまりだったのだけれど、小さなきっかけからぽつぽつと、前からぼんやりと考えていたことが押し出されるように実現したり、選択肢に入ってきたり。

 

  なんとなく『ああ、なるほど。これだったのか』とあたためていたものがなんだったのかわかってきたところで、ふんわりと明るく3月が明けた。

 

   なんだか先にはたのしいことしかない予感。ずっと何かに夢中になりたい!という熱があったような気がするけれど、きっとこんなことだったのかもしれない。

 

   今年の大実験のテーマは「あたらしい暮らしをつくる」。自分の理想の生き方に向かって、自分の暮らし方を、自分で手づくりでデザインする、をシンプルにたのしくやってみようと思っている。考えただけでわくわくしてくる、単細胞なわたし。きっときっとお試しも来るだろうけど、シリアスになりすぎずに「おっ、そう来たか!」と知恵と工夫でたのしんでチャレンジしていこう。そう、そんなことひとつひとつもたのしみな実験。きっと今度の冒険も、次の冒険につながっている。

 

さあ、今日もあたらしい旅のはじまり。

ふわっと、ひらめきと心のままに。

素敵な一日になりますように。

 

 

20170303

 

目には見えない うつくしいもの

「目には見えない うつくしいもの」を

日常のあちこちにちりばめて

やわらかく、心にとめながら、

暮らしていきたい。

 

いつもアンテナをきれいに。

ビビッときたら、すぐ実行できる。

しなやかで、のびやかな、わたしでいられますように。

実験のような日々の記録。