いくつになっても自分の翼でのびやかに飛ぼう

人生の成熟期だからこそ、自分に正直に、自然なままで。第二の人生を生活実験する記録。

暦のこと

6月1日。

 

月が変わってカレンダーや、

手帳のページが変わる度に、

この区切りは自然界の人たち(人じゃないけど)

には関係のない区切りだなぁ、と思うのです。

 

 

今年は、旧暦や二十四節気13の月の暦

天体の月や太陽、惑星、恒星の位置を、

意識して過ごしてみたり、

グレゴリオ暦以外のいろいろな周期や暦で、

その感覚を体感してみています。

 

わたし自身のバイオリズムで言うと、

いつも6月・7月が大きな節目のよう。

ふと浮かんできた思いつきを採用して、

今日からは、より自然のリズムにリンクしている

暦を使うことを始めてみます。

 

これは、たのしそう!

なかなかおもしろい実験になりそうです。