いくつになっても自分の翼でのびやかに飛ぼう

人生の成熟期だからこそ、自分に正直に、自然なままで。第二の人生を生活実験する記録。

私自身をシンプルに

したい事をするには、したい事をする時間が必要。

余裕というか、余白が必要だなと感じている。

 

使える時間をぎゅぎゅっーとして時間を作ると、

その寄せた反動が帰ってきた途端、

その時間はあっという間に取れなくなってしまう。

 

余裕がないと時間がつくれない、というのでは

なかなか前にすすめないから、

もっと、モノ・コトをシンプルに、

複雑さとごちゃごちゃしたものを手放そう。

私自身がシンプルになる事から。